teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


10/17の花

 投稿者:さとし  投稿日:2010年10月17日(日)06時16分2秒
返信・引用
  10/17の花 みずひき
花言葉 慶事、祭礼
4つに分かれた萼(花被)は上と横向きのものが赤く、下向きのものは白色。この花穂を進物用の包み紙を結ぶ紅白の水引に見立てて、命名されました。
栽培方法
実生で増やします。日本各地の道端やあぜ道に自生し、日当たりと風通しのよい所で、保水性のある土壌を好みます。開花期は8~10月。草丈60~80cmで茶花としても利用されます。
 
 

10/16の花

 投稿者:さとし  投稿日:2010年10月16日(土)17時59分12秒
返信・引用
  10/16 にしきぎ
花言葉 あなたの魅力を心に刻む
紅葉がとても美しいことから、秋の季語になっています。枝にコルク質の翼のようなものをつけるので、アラツス(=翼のある)種とされています。
栽培方法
挿し木で増やします。植え付けは極寒期を除く11~3月。日当たりと排水のよい、やや乾燥気味の所であれば土質は選ばずよく育ちます。開花期は5~6月。白色の小花であまり目立ちませんが、秋の紅葉と果実は美しく、切り花としても利用されます。
 

10/15の花

 投稿者:さとし  投稿日:2010年10月15日(金)19時19分27秒
返信・引用
  10/15の花 しゅうめいぎく
花言葉
忍耐 北海道を除く日本各地に自生しています。なかでも京都近郊の貴船地方には、みごとな自生が見られることから貴船菊ともいいます。
栽培方法
株分けで増やします。植え付けは極寒期を除く11~3月。日当たりと排水がよければ土質は選ばず、大変丈夫で栽培は容易です。開花期は9~11月。草丈80cmくらいで、茶花として好まれています。
 

10/13の花

 投稿者:さとし  投稿日:2010年10月13日(水)19時49分13秒
返信・引用
  10/13 ネリネ
花言葉 箱入り娘、幸せな思い出
ネリネとは、ギリシャ神話に登場する美しい水の妖精ネーレーイスの名に由来します。可憐でロマンチックな雰囲気が、妖精を思わせます。
栽培方法
球根で増やします。植え付けは8~9月。日当たりと排水がよく、肥料分の少ないやせ地に適します。開花期は10~11月。葉は花の後に出るので、それまでの潅水は少な目にします。耐寒性はやや弱いので、冬の間は防寒が必要です。
 

10/12の花

 投稿者:さとし  投稿日:2010年10月12日(火)06時37分3秒
返信・引用
  10/12の花 とうがらし
花言葉 旧友、雅味
熱帯アメリカでは2000年以上前から栽培されていたといいます。コロンブスのアメリカ大陸発見によって世界に広まり、今では品種も豊富です。
栽培方法
実生で増やします。タネまきは3~4月。土質は特に選びませんが、根の張り方が浅くて乾燥や過湿に弱いので、潅水には注意が必要です。生育適温は23~28℃で、15℃以下では伸長せず、32℃以上になると実なりが悪く、強日光下では果実の日焼けを起こします。開花期は7~10月。白色の小花で、開花後15日くらいで収穫できます。
 

10/11の花

 投稿者:さとし  投稿日:2010年10月11日(月)06時10分40秒
返信・引用
  10/11の花 ひめりんご
花言葉 名声・誘惑
愛らしい花は、はじめ淡紅色で満開時には白くなっていきます。花と実を観賞するものでしたが、最近は食べられるものもあります。
栽培方法
接ぎ木で増やします。植え付けは極寒期を除く11~3月。日当たりと排水がよく、耕土の深い保水力に富んだ所を好みます。強い西日の当たる所は嫌います。開花期は4月で、果実は9~11月に熟します。
 

10/10

 投稿者:さとし  投稿日:2010年10月10日(日)06時17分9秒
返信・引用
  10/10の花 まつたけ
花言葉 控えめ
「まつたけ」とのつき合いは古く、17世紀の書物にも記載されています。生きているマツの根に寄生し、いまだに人工培養ができない貴重な植物です。
栽培方法
赤松林の山地に発生する代表的な食用きのこです。赤松林のほか「えぞまつ」「しらびそ」「つが」などの林にも発生することがあります。
 

10/9の花

 投稿者:さとし  投稿日:2010年10月 9日(土)21時05分56秒
返信・引用
  10/9の花 ほととぎす
花言葉 永遠にあなたのもの
赤紫色の斑点が、野鳥のホトトギスの胸の模様にそっくりなため、同じ名前になりました。アジアに分布する約20種のうち、半分は日本原産です。
栽培方法
株分け、挿し芽で増やします。植え付けは極寒期を除く11~3月。湿り気が多く、夏の直射日光の当たらない、半日陰の涼しい所を好みます。開花期は8~10月。草丈60~80cmで、茶花としてよく利用されます。
 

10/8の花

 投稿者:さとし  投稿日:2010年10月 8日(金)20時10分38秒
返信・引用
  10/8の花 のぼたん
花言葉 自然
メラストマという属名は、ギリシャ語のメラス(黒い)とストマ(口)に由来しています。この果実を食べると、口の中が暗紫色になってしまうからです。
栽培方法
挿し木で増やします。植え付けは3~4月。排水と通気性のよい土を用い、よく日に当てて管理します。寒さにはやや弱く、冬越しには5℃ぐらいの温度が必要です。開花期は9~11月。夏~秋にかけて花芽ができるので、刈り込みや剪定は梅雨前までに行います。
 

10/7の花

 投稿者:さとし  投稿日:2010年10月 7日(木)21時58分50秒
返信・引用
  10/7 キウイ
花言葉 ひょうきん
果実が、ニュージーランドの国鳥キウイに似ていることからついた名前です。原産地の中国で、「果物の王者」として愛好されてきました。
栽培方法
挿し木、接ぎ木で増やします。植え付けは極寒期を除く11~3月。日のよく当たる温暖な所で、耕土が深く、有機質を多く含み適度な保水性のある所を好みます。開花期は5~6月、果実は10~11月に熟します。雌雄異株で、雄株には結実しません。また、雌株だけでも結実出来ませんので、雌雄混植が必要です。
 

レンタル掲示板
/5