teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
  2. 全力全開(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


第十五回「外来魚情報交換会」

 投稿者:琵琶湖を戻す会  投稿日:2019年10月29日(火)00時37分57秒
返信・引用
  こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。

恒例の外来魚情報交換会のお知らせです。

http://biwako.eco.coocan.jp/exchange/2020/exchange20a.html

開催日:2020年1月25日(土)・26日(日)
受付:(25日)12:00~
   (26日)9:00~

開催時間:(25日)13:00~17:00
(26日)9:30~13:00※時間帯は発表数によって変更する場合があります。

懇親会:(25日)18:00~

会場:草津市立まちづくりセンター3階(301・302会議室)
   滋賀県草津市西大路町9-6※JR琵琶湖線「草津駅」西口を西に200m
      周辺地図はこちら
      http://biwako.eco.coocan.jp/map/kusatsu/kusatsu.gif
テーマ:外来魚を中心に、水辺の外来生物に関する様々な情報の交換と相互交流

目的:ブルーギルやブラックバス等の外来魚をはじめとする水辺の外来生物防除に関する様々な情報を持ち寄って発表し、
お互いの情報を交換することによって外来生物防除に対する意識と知識を高め、お互いの連携を深めることを目的とする。

内容:外来魚の情報であれば駆除方法や生態などジャンルを問わない。発表者・参加者も滋賀県下にこだわらず広く参加を募る。
特に発表者に関しては、一般市民をはじめ、漁業者・行政・研究機関・学者・学生・釣り人等々から広く参加を募り、
外来魚の現状、生態、駆除方法から釣り方のコツまで幅広い視点からの情報収集を行う。話し手・聞き手を同じ目の高さにし、
発表ごとに質疑応答の時間を設けることで情報交換とともに参加者相互の交流も目指す。
情報交換会と懇親会とのセットで1つのイベントと考えている。

プログラム:25日(土)
12:00~受付
12:55~13:00開会
13:00~17:00発表
18:00~懇親会

26日(日)
9:00~受付
9:30~13:00発表
13:00閉会

※プログラムは予告無く変更する場合があります。


主催:琵琶湖を戻す会

共催:全国ブラックバス防除市民ネットワーク
後援:滋賀県・草津市

定員:外来魚情報交換会:先着100名

参加費:外来魚情報交換会:無料(資料代:1,000円希望者のみ)懇親会:4,000円(予定)
参加資格:なし

参加申込み:※事前申し込みが必要です。
詳しくはこちら
http://biwako.eco.coocan.jp/exchange/2020/exchange20a.html#bosyu



第十五回「外来魚情報交換会」募集要項
下記の項目を全て記入の上、メールにてお申し込み下さい。
参加者名:
ふりがな:
所属:※あればで結構です(名札に印字されます)

連絡先:(住所)(電話)(メール)

情報交換会:両日とも参加・25日のみ参加・26日のみ参加

発表:発表する・発表しない

発表する場合のテーマ「」
※発表テーマは“水辺の外来生物”に関するものに限ります。(※国内移入種も含む)

懇親会:参加する・参加しない

◆発表者募集は先着順で受け付け、発表枠数に達し次第締め切らせていただきます。
※締め切った場合は当HPでお知らせします。
◆発表時間は一人15分程度を予定しています。
◆同時に複数名申し込まれる場合は全員のお名前と代表者の連絡先をお書き下さい。


申し込み/問い合わせ先:
琵琶湖を戻す会広報
ZXA00545@nifty.ne.jp
まで。
★受付完了のメールが届かない場合は他の方法でお知らせ下さい。★

ご参加いただければ、皆さんの外来魚対策活動に必ずお役に立ちます!!


第十五回「外来魚情報交換会」案内&参加申込用紙
PDFファイル版 exchange2020a.pdf
SIZE:356KB
http://biwako.eco.coocan.jp/exchange/2020/photo/exchange2020a.pdf

Wordファイル版 exchange2020a.docx
SIZE:22KB
※申込用紙のみ
http://biwako.eco.coocan.jp/exchange/2020/photo/exchange2020a.docx

ダウンロードして自由にご利用下さい。但し、内容は予告無く変更になる場合があります。

琵琶湖を戻す会は外来生物法の主務官庁(環境省/農林水産省)から特定外来生物防除認定を受けています。
http://biwako.eco.coocan.jp/prevention/prevention.html
 
 

外来魚駆除の「出番」ですね。

 投稿者:東京 伊藤  投稿日:2019年 5月21日(火)16時42分31秒
返信・引用
  東京労釣連も、「四つ池の駆除つり」で協力しています。ギルが30%程度しか釣れない状況になりました。全国展開ですね。頑張ってください。  

Re: 第十八回「琵琶湖外来魚駆除の日」(2019.05.26)

 投稿者:横浜 長曽  投稿日:2019年 5月20日(月)22時25分43秒
返信・引用
  > No.333[元記事へ]

琵琶湖を戻す会 ご担当者様

いつもご連絡いただきありがとうございます。
今回ご連絡いただいております以下の開催日程に数名で加予定でおります。
当日はどうぞよろしくお願いいたします。

> 開催日:2019年5月26日(日)・・・雨天決行(荒天中止)
> 時間:10:00~16:00
> 駐車場の開門は8:30
> ※随時参加・随時解散といたします
>
> 会場:滋賀県草津市下物町1091 烏丸半島多目的広場(琵琶湖博物館駐車場奥にある芝生の広場)
 

第十八回「琵琶湖外来魚駆除の日」(2019.05.26)

 投稿者:琵琶湖を戻す会  投稿日:2019年 5月 4日(土)23時40分0秒
返信・引用
  こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。

4月21日の駆除大会の結果は以下の通りでした。

http://biwako.eco.coocan.jp/2019-04-21/2019-04-21b.html

参加者:134名(新規参加53名)
宮城、千葉、愛知、岐阜、福井、三重、滋賀、京都、大阪、奈良、兵庫より参加
駆除重量:8.1kg
ご参加、ご協力下さった皆様、ありがとうございました。

続きまして第十八回「琵琶湖外来魚駆除の日」のご案内です。

http://biwako.eco.coocan.jp/anniversary/2019/anniversary19a.html

琵琶湖の現状や外来魚問題を一人でも多くの方々に知っていただきたいとの願いから、毎年5月最終日曜日を「琵琶湖外来魚駆除の日」として琵琶湖や外来魚に関する様々なイベントを実施しています。今年も多くの方々にご参加していただけるよう色々なイベントを準備しました。ご自身に合ったイベントを見つけて、どうぞお気軽にご参加下さい。


開催日:2019年5月26日(日)・・・雨天決行(荒天中止)
時間:10:00~16:00
駐車場の開門は8:30
※随時参加・随時解散といたします

会場:滋賀県草津市下物町1091 烏丸半島多目的広場(琵琶湖博物館駐車場奥にある芝生の広場)
http://biwako.eco.coocan.jp/map/karasuma/karasuma.gif

交通:■車の場合
瀬田方面からの場合は南湖東岸の湖岸道路を北上し
琵琶湖博物館の看板にしたがってお越し下さい。
■公共交通機関の場合
JR琵琶湖線草津駅西口から琵琶湖博物館行きバスで22分、
終点「琵琶湖博物館前」停留所からすぐ。
駐車場:琵琶湖博物館駐車場料金:550円/1日
※博物館の入場券があれば無料

参加費:大人200円,子供100円(保険料等の実費)
※子供(小学生以下のお子さま)は保護者の方と一緒にご参加下さい。

プログラム:
◆プログラムは現時点での予定で、予告無く変更する場合があります。◆
★外来魚を釣ろう!:10:00~16:00(天候によっては短縮します)
外来魚駆除釣り大会釣りを楽しみながらも外来魚しか釣れない琵琶湖の現状を知ってください。
数に限りはありますが、貸し竿やエサ・仕掛けを無料で準備しています。
※詳細はこちら→外来魚駆除大会
http://biwako.eco.coocan.jp/2019-05-26/2019-05-26a.html

★琵琶湖の魚を味わおう!:11:30~12:30なくなり次第終了
琵琶湖の幸の試食会「外来魚が食い荒らしている琵琶湖の幸はこんなに美味しいものだ」
ということを実感してください。もちろん無料です!
毎年あっという間に無くなってしまいますのでお早めに!
協力:滋賀県漁業協同組合連合青年会

★みんなで地引き網を引こう!:13:00~14:00
地引き網体験外来魚駆除のため皆さんの手で地引き網を引いてください。
網を引くために皆さんの協力が必要です!
協力:滋賀県漁業協同組合連合青年会

★魚の解剖に挑戦してみよう!:14:00~15:00
受付は13:30で締め切ります
外来魚解剖教室皆さん自身の手で釣った外来魚を解剖して、外来魚が何を食べているかなどを観察してもらっています。毎年子どもたちに大好評のイベントです。
※お子様が参加される場合は保護者同伴でお願いいたします。
協力:滋賀県水産試験場

★魚を見比べてみよう!:10:00~15:30
淡水魚比較展示琵琶湖に生息する生きた外来魚と在来魚を比較展示します。
生まれたばかりのブラックバスの稚魚の大群も展示します。

協力:琵琶湖博物館うおの会
主催:琵琶湖を戻す会
後援:滋賀県(予定)
協力
(順不同)
(すべて予定):滋賀県水産試験場
滋賀県水産課
滋賀県漁業協同組合連合青年会
山田漁業協同組合
琵琶湖博物館うおの会
滋賀県立琵琶湖博物館
協賛:草津ライオンズクラブ
全国ブラックバス防除市民ネットワーク


当イベントは、参加資格や事前申し込みの必要など一切ありません。個人での参加や飛び入り参加も大歓迎いたします。
会場は足場もよくトイレもありますので、ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、大勢でのご参加をお待ちしております。

お願い:会場にゴミ箱はありませんので、必ずゴミは各自でお持ち帰り下さい。
※団体で参加される場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。
※記録のために参加風景の写真を撮らせていただく場合があります。

このイベントでは「BYスタンプラリー」のスタンプを受け付けています。
http://www.byq.or.jp/by-stamp/shikumi/about.html

お問い合わせ先:琵琶湖を戻す会広報
ZXA00545@nifty.ne.jp
まで

琵琶湖を戻す会は外来生物法の主務官庁(環境省/農林水産省)から特定外来生物防除認定を受けています。
http://biwako.eco.coocan.jp/prevention/prevention.html
 

丹沢湖のヤマベ釣り

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2018年11月15日(木)10時31分42秒
返信・引用
  十一月十四日午前中三時間、玄倉と焼津でヤマベ釣り。釣果は二十三匹。
中型が揃い、もう少し気温が下がり魚が寄り始めれば、今年は有望と見ました。
相変わらず鮠が多いのはいつものことですが、今回はヤマベのアタリの方が多いので、楽しみです。
 

第十四回「外来魚情報交換会」

 投稿者:琵琶湖を戻す会  投稿日:2018年11月11日(日)03時29分15秒
返信・引用
  第十四回「外来魚情報交換会」

こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。

恒例の外来魚情報交換会のお知らせです。

http://biwako.eco.coocan.jp/exchange/2019/exchange19a.html

開催日:2019年1月26日(土)・27日(日)

受付:(26日)12:00~12:55
   (27日)9:00~9:30

開催時間:(26日)13:00~17:30
     (27日)9:30~13:00
※時間帯は発表数によって変更する場合があります。

懇親会:(26日)18:00~

会場:草津市立まちづくりセンター3階(301・302会議室)
滋賀県草津市西大路町9-6 ※JR琵琶湖線「草津駅」西口を西に200m
周辺地図はこちら
http://biwako.eco.coocan.jp/map/kusatsu/kusatsu.gif

テーマ:外来魚を中心に、水辺の外来生物に関する様々な情報の交換と相互交流

目的:ブルーギルやブラックバス等の外来魚をはじめとする水辺の外来生物防除に関する様々な情報を持ち寄って発表し、お互いの情報を交換することによって外来生物防除に対する意識と知識を高め、お互いの連携を深めることを目的とする。

内容:外来魚の情報であれば駆除方法や生態などジャンルを問わない。発表者・参加者も滋賀県下にこだわらず広く参加を募る。
特に発表者に関しては、一般市民をはじめ、漁業者・行政・研究機関・学者・学生・釣り人等々から広く参加を募り、外来魚の現状、生態、駆除方法から釣り方のコツまで幅広い視点からの情報収集を行う。話し手・聞き手を同じ目の高さにし、
発表ごとに質疑応答の時間を設けることで情報交換とともに参加者相互の交流も目指す。
情報交換会と懇親会とのセットで1つのイベントと考えている。

プログラム:
26日(土)
 12:00~12:55 受付
 12:55~13:00 開会
 13:00~17:30 <情報提供>
 18:00~懇親会

27日(日)
9:00~ 9:30 受付
9:30~13:00 <情報提供>
 13:30 閉会
※プログラムは予告無く変更する場合があります。

主催:琵琶湖を戻す会
共催:全国ブラックバス防除市民ネットワーク

後援:滋賀県(申請中)

協力:環境再生保全機構地球環境基金

定員:外来魚情報交換会:先着100名

参加費:外来魚情報交換会:無料(資料代:500円希望者のみ)
懇親会:4,000円(予定)

参加資格:なし

参加申込み:※事前申し込みが必要です。
詳しくはこちら
http://biwako.eco.coocan.jp/exchange/2019/exchange19a.html#bosyu

第十四回「外来魚情報交換会」募集要項
下記の項目を全て記入の上、メールにてお申し込み下さい。
参加者名:
ふりがな:
所属:※あればで結構です
連絡先:(住所)
(電話)
(メール)
情報交換会:両日とも参加・26日のみ参加・27日のみ参加
発表:発表する・発表しない
発表する場合のテーマ「」
※発表テーマは“水辺の外来生物”に関するものに限ります。(※国内移入種も含む)
懇親会:参加する・参加しない

◆発表者募集は先着順で受け付け、発表枠数に達し次第締め切らせていただきます。
◆発表時間は一人15分程度を予定しています。
◆同時に複数名申し込まれる場合は全員のお名前と代表者の連絡先をお書き下さい。

申し込み/問い合わせ先:
琵琶湖を戻す会広報
ZXA00545@nifty.ne.jp
まで。
★受付完了のメールが届かない場合はお知らせ下さい。★

ご参加いただければ、皆さんの外来魚対策活動に必ずお役に立ちます!!

第十四回「外来魚情報交換会」案内&参加申込用紙
PDFファイル版
http://biwako.eco.coocan.jp/exchange/2019/photo/exchange2019a.pdf
Wordファイル版
※申込用紙のみ
http://biwako.eco.coocan.jp/exchange/2019/photo/exchange2019a.doc

ダウンロードして自由にご利用下さい。
但し、内容は予告無く変更になる場合があります。

琵琶湖を戻す会は外来生物法の主務官庁(環境省/農林水産省)から特定外来生物防除認定を受けています。
http://biwako.eco.coocan.jp/prevention/prevention.html
 

第十七回「琵琶湖外来魚駆除の日」

 投稿者:琵琶湖を戻す会  投稿日:2018年 5月 3日(木)01時37分0秒
返信・引用
  こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。

4月22日の駆除大会の結果は以下の通りでした。

http://biwako.eco.coocan.jp/2018-04-22/2018-04-22b.html

参 加 者:183名(新規参加:56名)
千葉、福井、岐阜、滋賀、大阪、兵庫、京都、奈良より参加
駆除重量:63.3kg (オオクチバス:14.3KG,ブルーギル49.0kg)

ご参加、ご協力下さった皆様、ありがとうございました。


続きまして第十七回「琵琶湖外来魚駆除の日」のご案内です。

http://biwako.eco.coocan.jp/anniversary/2018/anniversary18a.html

琵琶湖の現状や外来魚問題を一人でも多くの方々に知っていただきたいとの願いから、毎年5月最終日曜日を「琵琶湖外来魚駆除の日」として琵琶湖や外来魚に関する様々なイベントを実施しています。今年も多くの方々にご参加していただけるよう色々なイベントを準備しました。ご自身に合ったイベントを見つけて、どうぞお気軽にご参加下さい。

開催日:2018年5月27日(日)・・・雨天決行(荒天中止)

時間:10:00~16:00
駐車場の開門は8:30
※随時参加・随時解散といたします

会場:滋賀県草津市烏丸半島多目的広場 (琵琶湖博物館駐車場奥にある芝生の広場)
http://biwako.eco.coocan.jp/map/karasuma/karasuma.gif
滋賀県草津市下物町1091

交通:
■車の場合
瀬田方面からの場合は南湖東岸の湖岸道路を北上し琵琶湖博物館の看板にしたがってお越し下さい。
■公共交通機関の場合
JR琵琶湖線草津駅西口から琵琶湖博物館行きバスで22分、
終点「琵琶湖博物館前」停留所からすぐ。

駐車場:琵琶湖博物館駐車場 料金:550円/1日 ※博物館の入場券があれば無料


参加費:大人200円,子供100円(保険料等の実費)
※子供(小学生以下のお子さま)は保護者の方と一緒にご参加下さい。
※なお団体でご参加いただける場合は事前にご一報いただきますようお願い致します。

プログラム:◆プログラムは現時点での予定で、予告無く変更する場合があります。◆

★外来魚を釣ろう!:10:00~16:00(天候によっては短縮します)

外来魚駆除釣り大会
釣りを楽しみながらも外来魚しか釣れない琵琶湖の現状を知ってください。
数に限りはありますが、貸し竿やエサ・仕掛けを無料で準備しています。
※詳細はこちら→外来魚駆除大会
http://biwako.eco.coocan.jp/2018-05-27/2018-05-27a.html

★琵琶湖の魚を味わおう!:11:30~12:30なくなり次第終了
琵琶湖の幸の試食会

「外来魚が食い荒らしている琵琶湖の幸はこんなに美味しいものだ」
ということを実感してください。もちろん無料です!
毎年あっという間に無くなってしまいますのでお早めに!
協力:滋賀県漁業協同組合連合青年会

★みんなで地引き網を引こう!:13:00~14:00
地引き網体験

外来魚駆除のため皆さんの手で地引き網を引いてください。
網を引くために皆さんの協力が必要です!
協力:滋賀県漁業協同組合連合青年会

★魚の解剖に挑戦してみよう!:14:00~15:00
受付は13:30で締め切ります
外来魚解剖教室

皆さん自身の手で釣った外来魚を解剖して、外来魚が何を食べているか
などを観察してもらっています。毎年子どもたちに大好評のイベントです。
※お子様が参加される場合は保護者同伴でお願いいたします。
協力:滋賀県水産試験場

★魚を見比べてみよう!:10:00~15:30
淡水魚比較展示

琵琶湖に生息する生きた外来魚と在来魚を比較展示します。
生まれたばかりのブラックバスの稚魚の大群も展示します。
協力:琵琶湖博物館うおの会

主催:琵琶湖を戻す会

後援:滋 賀 県(予定)

協力(すべて予定)
(順不同)
滋賀県水産試験場
滋賀県水産課
滋賀県漁業協同組合連合青年会
山田漁業協同組合
琵琶湖博物館うおの会
滋賀県立琵琶湖博物館

協賛:
草津ライオンズクラブ
全国ブラックバス防除市民ネットワーク

当イベントは、参加資格や事前申し込みの必要など一切ありません。個人での参加や飛び入り参加も大歓迎いたします。
会場は足場もよくトイレもありますので、ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、大勢でのご参加をお待ちしております。

このイベントでは「BYスタンプラリー」のスタンプを受け付けています。
http://www.byq.or.jp/by-stamp/shikumi/about.html

お問い合わせ先:琵琶湖を戻す会広報
ZXA00545@nifty.ne.jp
まで

琵琶湖を戻す会は外来生物法の主務官庁(環境省/農林水産省)から特定外来生物防除認定を受けています。
http://biwako.eco.coocan.jp/prevention/prevention.html
 

丹沢湖のヤマベ釣り

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年12月 1日(金)15時41分13秒
返信・引用
  11月29日(水)丹沢湖にヤマベ釣りに出ました。
午前八時半から十時まで、焼津菩提沢出会いで釣りましたが、ヤマベのアタリはありませんせした。
しかし良型の鮠がかかり、二十五㌢を超えるようなものを含めて二十五匹の釣果でした。
その後玄倉に回り、駐車場前で釣りましたが、鮠が一匹に留まり、ヤマベのアタリはありませんでした。
餌はヤマベ釣り用のサナギスパゲティ、ヘラブナ用のネリエさ、
どちらもアタリが出ましたが、ネリエさを使うと、ほとんどコマセは不要でした。

依然として薄い濁りが残り、鮠釣りには都合がいいのですが、ヤマベ釣りにはまだ時間がかかりそうです。
「鮠が釣れる時には、鮠を釣る」これが丹沢湖の教訓ですね。
今期は大いに鮠釣りを楽しむのもいいかもしれません。
静かな湖と見事な紅葉の中で一人釣るのもいいものです。
特に水曜日は、ボート屋が休業ですので、周りを気にせず釣ることができます。
 

今期の丹沢湖は?

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年11月16日(木)10時48分6秒
返信・引用
  11月15日丹沢湖の焼津菩提沢出会いで、午前中三時間釣り、ヤマベは1匹でした。
しかし良型のハヤを七十六匹釣りました。内、三十匹が二十㌢以上、内十匹が二十五㌢を越えました。
さらに五回はハリス切れで逃したのですが、これは一尺を越えていました。
秋の台風のために、湖水は満水位、濁りが取れ始めてはいますが白濁、こんな時は、例年ハヤが良く釣れます。
大きな鮠の強い引きを味わうにはチャンス。仕掛を鮠用に替えてまた出かけようと思います。
餌は、ネリエを使うと、コマセの必要はありませんでした。スパゲティでも良くアタリが出ました。

ヤマベは、澄むのを待って再度釣りをしようと思います。

釣果は全て放流しました。
地元では昔から鮠を焼き干しにして料理のだしとして使うことが行われていました。
良型は鮠の燻製も美味です。関心のおありの方はやってみては如何でしょう。、
 

琵琶湖を戻す会、ありがとう

 投稿者:畑野幹事長  投稿日:2017年11月11日(土)14時41分13秒
返信・引用
  いつも感心しております。地道な努力は、きっと実ることでしょう。
私たち勤労者つりの会でも、外来種の駆除に取り組んでいますが、なかなか効果が上がることを実感できません。
是非とも皆さんの取り組みを見せて頂き、勉強したいと思っております。
時期を見て参加させていただきたく思っています。
取り組みが成功するよう願っています。
 

レンタル掲示板
/34