teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 本日の厳選リンク集(247)
  2. Irresponsibly Writing Japanese(in English)(998)
  3. Irresponsibly Writing Japanese(別館)(3)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:687/2041 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

翻訳;【歴史戦】「徴用工」写真は戦後撮影、「筑豊炭田の日本人」

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 4月 6日(土)10時47分5秒
  通報 返信・引用 編集済
  >【韓国 息を吐くように】 韓国が□制労働だと主張している「徴〇工」写真も嘘だった! 昭和36年に撮影した日本人だと判明 韓国 国立 日帝□制動員歴史館の展示はどうする? 2019年4月4日

-------------------------------------------------------

Translation;[History War]. Photo was taken after the end of WW2 -- "Japanese at Chikuho coal mine"

>"【歴史戦】「徴用工」写真は戦後撮影、「筑豊炭田の日本人」(1"

> いわゆる徴用工問題をめぐり、長崎市の端島(通称・軍艦島)で過酷な戦時労働を強いられた朝鮮人だと韓国で流布している写真が、実際は戦時徴用とは関係がなく、昭和36年に福岡県内の炭坑で撮影されたことが3日、分かった。
> 撮影者が産経新聞の取材に明らかにした。

On April 3, it became clear that a photo -- over so called conscripted workers issue, known in S. Korea as a Krean who was imposed hard war time labor on Hashima (popularly known as Battleship Island) in Nagasaki city -- has indeed nothing to do with war time conscription, but taken in a coal mine shaft in Fukuoka pref. in 1956.
The photographer clarified so in an coverage by The Sankei Shimbun.

> 天井の低い坑道に横たわりながら、ツルハシを使って掘り進む男性が被写体となった写真は、日本写真家協会名誉会員の斎藤康一氏(84)が撮影した。
> 斎藤氏によると、昭和36年夏、筑豊炭田(福岡県)を取材で訪れ、炭坑内で採掘している男性を撮ったという。
> 写真は週刊誌「新週刊」(36年10月19日号)=廃刊=などに掲載された。

The photo -- which shows a man digging through by using a pickaxes, while laying down in a narrow low-ceiling tunnel -- was taken by Koichi Saito (84), an honorary member of Japan professional photographers society.
According to Saito, he visited Chikuho coal mine (Fukuoka pref.) in summer 1956 for a coverage, and took a picture of a man mining in a coal mine shaft.
The photo was placed on Oct. 19, 1956 edition of a weekly magazine "Shin-Shukan (literally meaning new weekly)" (discontinued), and so on.

> 戦後16年が経過していたため戦時徴用はあり得ず、斎藤氏は男性について「日本人だった」と証言した。
As 16 years passed since the end of WW2, that war time conscription was impossible. Saito testified that the man "was a Japanese."

> 韓国メディアや韓国の書籍は、軍艦島での強制労働に動員された朝鮮半島出身者の実態を裏付ける資料として、この男性の写真を多用している。
> 戦時動員した日本の加害性を訴える目的で設立された韓国・釜山の>"国立日帝強制動員歴史館"もパネル展示した。

Media and books in S. Korea use the photo showing the man in many occations, as an evidence to prove reality of Koreans who were mobilized to forced labor on Battleship Island.
>"National Memorial Museum of Forced Mobilization Under Japanese Occupation" -- which was established to appeal brutality of Japan which carried out war time mobilization -- uses it in a panel display.

> 最近では韓国紙・朝鮮日報が昨年12月16日付(電子版)で「強制連行」について報じた記事で男性の写真を掲載し、「採炭作業を行う朝鮮人」と報じた。
Recently for example, on last December 16 (online edition) newspaper in S. Korea, The Chosun Ilbo, placed the photo showing the man in an article reporting about "forceful taking away" as "a Korean mining coal."

>"【歴史戦】「徴用工」写真は戦後撮影、「筑豊炭田の日本人」(2"
> いずれも斎藤氏に無断で使用された。
> 斎藤氏は 2017年7月に軍艦島を舞台とした韓国映画「軍艦島」の公開後、関係者を通じて自身の写真が誤用されていることを知ったという。
> 当時、映画の広告映像は米ニューヨークのタイムズスクエアで上映され、映像製作に関わった韓国の大学教授は誤りを認めた。

In all cases, it was used without permission by Saito.
Saito said that, after opening of "Battleship Island" in July 2017, a S. Korean movie set in Battleship Island, he knew that his photo was erroneously used via a person concerned.
Around that time, an ads. video clip of the movie was screened at the New York Times Square in the U.S.. A S. Korean university professor, who had his hand in making the video clip, admitted the fault.



> 斎藤氏は「自分が撮影したのは懸命に働く日本人だ。韓国側は自分たちの主張に都合のいいように扱っている。抗議する気にすらならない」と語った。
> 徴用工問題に詳しい九州大の三輪宗弘教授(経営史)は「韓国側では朝鮮人が過酷な労働を強いられたというイメージが先行し、十分な検証もせずに(写真に)飛びついてしまったのだろう」と話している。

Saito said that "What I shot was a hard working Japanese. S. Korean side uses it in their convenient way. I'm sick and tired of getting angry with it."
Prof. Munehiro Miwa at Kyushu University (business administration), who knows well about conscripted workers issue, said that "I was likely that an image that Koreans were imposed harsh labor proceeded on S. Korean side, then picked (the photo) up without sufficient investigation."

> 韓国側が「強制連行」の証拠として主張する写真資料をめぐっては、韓国教育省が3月21日、小学校教科書に徴用工として掲載した写真の人物が日本人だったと認め、訂正する方針を明らかにした。
Over a photo material S. Korean side argued it as an evidence of "forceful taking away," on Mar. 21, Korean Ministry of Education admitted that men shown in the photo were Japanese, and clarified its policy to correct the error.


> 産経新聞は平成29年4月12日付朝刊「>"軍艦島 荒唐無稽な印象操作"」の記事で、この男性の写真を収めた『目で見る筑豊の100年』(郷土出版社)の説明に基づき「明治中期の筑豊の炭坑の様子を写したものだという」として掲載した。
> その後の取材で撮影者が斎藤氏だったと判明した。

In an article that >"Forced Labor Propaganda: When You've Got No Historical Facts, Use Fake Graffiti," on the morning edition on April 12, 2017, based on the explanation of [Chikuho for one hundred years to watch] (correct name is English is unknown) (Kyodo publishing) which contained the photo showing the man, The Sankei Shimbun placed it as "a scene of a coal mine shaft in Chikuho in mid. Meiji era was shot."
In a coverage after that, it became clear that Saito was a photographer.



Ref.>"韓国フェイク集、旭日旗狩りはサッカー選手のサル真似が発端"

>"少年たちの奴隷労働? デタラメだらけ韓国「軍艦島」絵本の中身""

>"世界で展開「韓国」のプロパガンダ ウソの奴隷描写だらけの軍艦島絵本、元徴用工の怪しい証言……"

>"韓国・小6教科書の「徴用工写真」 教育省が誤り認め訂正へ"

>"韓国が強制労働だと主張している「徴用工」写真、「筑豊炭田の日本人」を昭和 36年に撮影したものだと判明"













https://www.sankei.com/politics/news/190403/plt1904030034-n1.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:687/2041 《前のページ | 次のページ》
/2041