teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


渡る~~~♪♪だったような

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月13日(月)21時12分21秒
   七さん、こんにちは。そういえば令さんはどうしているのでしょう。せっかくですので、七さんもまにょんさんの次でお願いします。それから、令さんの心に直接話しかけて連れてきて下さいませ。  
 

炒飯の巻

 投稿者:伸太  投稿日:2017年 3月13日(月)19時58分29秒
編集済
    炒飯の仕上げに煽るレタスかな  らくだ
   ガスを止めればあとは囀り   ゆかり
  しやぼん玉垣根の外へ流れ出て   媚庵

  鬢髪美しき舞妓の歩む  伸太
  路地の奥から花一匁  伸太

お捌き願います。

ゆかりさん、今回の七吟巻きの件、了解しました。
連句も中々難しいもんですね。
 

夜河~♪

 投稿者:  投稿日:2017年 3月13日(月)09時41分20秒
  「鞭聲粛々夜河を過る~~~♪♪」って、詩吟の会のメンバ-が時折海辺で唸ってる、あれ?
だいぶ前に令さんから送っていただいたことがありますわ。
そう言えば、レイさんご無沙汰だわ。どうしているかしら・・・
 

あ、どうも

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月13日(月)01時09分23秒
  まにょんさん、お久しぶりです。月犬さんとお二人で参加してもいいですよとお伝え下さい。では伸太さんの次で…。(さん付けをするとしずかちゃんになった気持ちがします。)  

おひさしぶりです

 投稿者:まにょん  投稿日:2017年 3月13日(月)00時46分35秒
  月犬が、参加するとせっかくの新鮮なレタスが
腐敗しそうだと申しております。
代わりに私が参加いたします。
適当なところで声をかけてください。
 

あ、どうも

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月13日(月)00時11分16秒
   月犬さん、こんばんは。いやもう鞭声粛粛という感じで「よるかわ」にしましょうよ、と私が言ってもしょうがないのですが…。
 せっかくだから、炒飯の巻、ご参加下さい。、
 

夜河

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 3月13日(月)00時05分44秒
  読み方はとくに決めていないのですよ。仲間とはメールでのやりとりが多いので
「夜河」と書くだけですみますし、まあ、こころの中では「よるかわ」だったり
「よるのかわ」だったり「よるとかわ」だったり:笑
それよりも書家の北村宗介師に書いていただいた文字のインパクトだけで押し切っておりまする。
とはいえずいぶんさぼっております。
そろそろ、再起動。
 

あとお三方

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月12日(日)22時27分2秒
  また七吟で巻きたいので、あとお三方名乗りを上げて下さいませ。  

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月12日(日)22時25分11秒
編集済
   伸太さん、どうも。では心の中で「のびた」と音読することにします。ここの連衆の月犬さんが『夜河』という出版物を出しているのですが、なんと読むのですかと訊ねてもはっきりした答えが返ってこなくて、読み方が確定しないのはどうにも困ったものです。が、伸太さんについてはすっきりしました。
 さて御句ですが、ここの連句では現代俳句では容認されるような句またがりでも、リズムが悪いと駄目出しすることがあります。どうも連句というのは五七五と七七の付け合いなので、特に短句において七七をまたがっているものは避けています。というわけで一句目は通し難く、かと言って二句目の口語も妙に甘い感じがするので、もう一句いかがでしょうか。
 

炒飯の巻

 投稿者:伸太  投稿日:2017年 3月12日(日)21時00分21秒
    炒飯の仕上げに煽るレタスかな  らくだ
   ガスを止めればあとは囀り   ゆかり
  しやぼん玉垣根の外へ流れ出て   媚庵

   見ざる聞かざるのは鬼瓦   伸太
   行ってみたいな彼のシャングリラ  伸太


お捌き願います。

手早いご返事をゆかりさん、ありがとうございます。
僕の俳号に付きましてはご指摘の通り、
ドラえもんに縁 (ゆかり) のある、好奇心旺盛な
とさかじゃなくて、そのまさかの「のび太」を踏まえてます。

好奇心の旺盛さによって、創作のモチベーションを
保てると思ったからなんですよ。
漢字にしたのは、硬軟の硬の創作もしてみたかったからです。

順番が繰り上がったみたいですが、僕としては
1、2句目、36句目以外でしたら、見よう見まねで
何とか対応したいと思ってます。

追伸ながら他意はありませんので、パスされた
ぐみさんも、ご了解頂けたらと思います。
  
 

あらら

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月12日(日)19時07分57秒
   説得を試みようと過去の連句を全部見てみたのですが、2009年以来全68巻中ぐみさんの参加は47巻で参加率69%でした。なんとなく皆勤賞のような気がしていたのですが、そうでないことが分かったのでお引き留めしないことにします。しかし私たち、よくも飽きもせず巻き続けていますよね。すごいもんです。

 というわけで伸太さん、繰り上がってしまいました。四句目を雑でお願いします。
 

ホント!

 投稿者:ぐみ  投稿日:2017年 3月12日(日)17時48分20秒
  毎回同じような顔ぶれでは、新鮮味に欠けますよね。
付け順を変えるより、この際、新しい方達にお任せする方がより新鮮になると思いますので、
「炊飯の巻」は、私はパスさせて頂きます。
 

おおお

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月11日(土)22時15分25秒
   伸太さん、はじめまして。俳号はなんとお読みすればよいのでしょうか(まさかの「のび太」ではなかろうと思いつつ…)。
 さて、珍しく第三をたくさん頂いたのですが、発句と脇から離れつつ、あまり意味が強すぎないところで、媚庵さんの二句目を頂くことにします。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな  らくだ
    ガスを止めればあとは囀り   ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て   媚庵

 では、四句目は先着順でぐみさん、お願いします。雑がいいです。五句目は月の座で秋となりますが、伸太さん、ぐみさんの句が確定したところでお願いします。

 

炒飯の巻

 投稿者:媚庵  投稿日:2017年 3月11日(土)21時26分44秒
     炒飯の仕上げに煽るレタスかな  らくだ
    ガスを止めればあとは囀り   ゆかり

   卒業の少年少女行き過ぎて    媚庵
   しゃぼん玉垣根の外へ流れ出て

しゃしゃり出てきましたが、いかがでしょうか。

 

炒飯の巻

 投稿者:伸太  投稿日:2017年 3月11日(土)21時20分47秒
  こんばんは、はじめまして。

teacup掲示板のさるところで、俳句を投稿してます。
連句をやってみたかったので
飛び入りの投句をさせて頂きました。

不慣れですが、何卒、宜しくお願い致します。

  炒飯の仕上げに煽るレタスかな  らくだ
   ガスを止めればあとは囀り   ゆかり

  春の夜はブルーライトの横浜で   伸太

て止めがで止めになりますが、ゆかりさん、どうでしょうか?

 

こんばんは

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月11日(土)19時14分46秒
   ぐみさん、こんばんは。参加して下さるのはありがたいのですが、前回と同じ順では新鮮味に欠けますので、ここは第三以外でお願いします。しばしお待ち下さい。  

炒飯の巻

 投稿者:ぐみ  投稿日:2017年 3月11日(土)18時53分44秒
     炒飯の仕上げに煽るレタスかな  らくだ
    ガスを止めればあとは囀り   ゆかり

   永き日の林に光り満ち満ちて    ぐみ

    性懲りもなく・・・・。如何でしょうか。
 

炒飯の巻・脇

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月11日(土)00時22分22秒
   らくださん、発句をありがとうございます。レタスって春の季語だったのですね。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな  らくだ
    ガスを止めればあとは囀り   ゆかり

 どなたか第三をて止めでお願いします。春でお願いします。

 
 

発句

 投稿者:らくだ  投稿日:2017年 3月10日(金)14時23分52秒
  炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ

こんなでだいじょぶでしょうか……^^;
 

さて

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月 6日(月)21時26分56秒
  そろそろ次のを巻きましょうか。どなたか発句をお願いします。  

ふふふ

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月 2日(木)20時40分20秒
   なんだか苑をさんのフォローがナイス過ぎて…。
連衆のことをあれこれ言うと、こうなるのです。ですので、ぐみ姐さん、お気になさらずに(^^);
 

祝・満尾

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 3月 2日(木)18時03分12秒
編集済
  遅くなりました。満尾おめでとうございます。

七様のあとも、八苦でございました。
恋なんか、もう九苦、十苦。ゆかり様のせいとも言えますが…。

銀河様、お褒めにあずかり恐縮です。
転居の方は右足にかけてた体重を左に移した程度の変化なんですけどね。
よかったとしたら、七様の飛んでる付けのおかげです。
毎回エッエーだったので、遣り句的な軽めな付けを心がけたんですが、結果はどうなんでしょう。

お捌きお疲れ様です。
連句はその度に新鮮で、面白いです。
またの機会を楽しみに。




 

満尾おめでとうございます☆☆☆

 投稿者:  投稿日:2017年 3月 1日(水)20時50分10秒
  あちこち不調でオタオタし、流れを止めてしまったようで、悪しからずです。
なにしろ、ぐみ姐さんの後は難しゅうございまして疾駆八苦でしたわ。
でも、まあ、めげずに懲りずに、これからもお邪魔させて下さいませ。
 

満尾おめでとうございます

 投稿者:銀河  投稿日:2017年 2月28日(火)23時33分53秒
編集済
  気が落ち着かぬ事が有り、途中で地球が回り始めたりで、今回は高みの見物、ご容赦。

★「砂日傘」という季語がめずらしく、しらべました、初めてお目にかかりました。

★石鹸玉追ふ象の鼻かと          犬
 これは、こう書いてもやはりしゃぼん玉とよむのですか?

★伊丹でお会いしたビアンさん。たのしかったです。
今回も、あるいは短歌も、「渦」時代を惹くかもしれぬレトロ調が効いていますね。

★苑をさん、住所移転のせいか(?)、付け句の切れ味のよさに感銘。快感をおぼえる程でした。
 

祝・満尾

 投稿者:媚庵  投稿日:2017年 2月27日(月)08時12分23秒
  満尾おめでとうございます。
途中でパソコンを買い替えたりしたため、しばしば、間をあけすぎてしまい
ご迷惑をおかけいたしました。
個人的には名残の表のはじめの懐かしテレビドラマ経由の青春性に
ナミダナミダでありました。
今後ともよろしくご唱導ください。
 

石鹸玉問題

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月26日(日)22時47分25秒
  ぐみさんのおっしゃる重厚感というのは、漢字が多いせいなのかも知れませんね。とはいえ、石鹸玉を片仮名や平仮名にすればいいのかというと、そういうわけでもなく…。打越に「はしやぎたり」があるので、ビジュアルが障るのです。  

灯台

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 2月26日(日)19時26分24秒
  満尾おめでとうございます。
発句を置くと七吟は挙句が回ってくるのですよね。
しまった、などと言っても後の祭り。

なむ師のあとは難しくも楽しい付句。
今回漢字が多いような気もしたので
挙句をシャボン玉としたのですが、
カタカナも多いし、
ひらがなの方が良かったかなとも思いました。
なにはともあれ、ゆかりさんの捌きの妙、楽しかったです。
 

灯台の巻

 投稿者:ぐみ  投稿日:2017年 2月24日(金)04時59分38秒
編集済
  満尾おめでとうございます。

重厚感のある一巻のように思えます。
蜃気楼は、景色が逆に現れることがあるとかなので、逆さ富士としましたが、
横山大観どころか、銭湯のペンキ絵とは・・・。
ハイセンス・ユーモラスな付け句にその都度、助けて頂きました。
いつものことですが、上位の胸を借りると、勉強になります。
今回も、おさばきさま、皆様、有難うございました。
 

灯台

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月23日(木)22時17分44秒
編集済
   月犬さん、ありがとうございます。漢字の方がいいかもしれません。これにて満尾とします。

    七吟歌仙 灯台の巻

   灯台の見えて焚火の漁師かな       月犬
    春を隣に厚塗りの白         ゆかり
   青空に飛行機雲の長からん        ぐみ
    夜雨の後のさはやかな朝         七
   片袖は月の雫を縫ひ取りて        苑を
    あたり一面野菊揺らぎぬ        媚庵
ウ  物の音の澄みて矢切の渡まで       なむ
    手にはとらやの団子の包み        犬
   身の上の話の途切れ砂日傘         り
    はや夕闇に蝙蝠の舞ひ          み
   ゼラチンのさだめのやうに横たはる     七
    濡れにぞ濡れて溶けもこそすれ      を
   文豪がつくる煙草のけむりの輪       庵
    ゲラの置かれしバーの止まり木      む
   虫穴を出でて欠伸のひとつなど       犬
    海市がくるむ音といふ音         り
   花万朶手前に逆さ富士描く         み
    銭湯絵師の日本百景           七
ナオ 湯を沸かす時間ですよとあの声が      を
    白いギターを壁に立てかけ        庵
   フォークとかロックとか書く入部の日    む
    男ばかりで塞ぐ北窓           犬
   裸木の陰で見守り泪せむ          り
    羊水といふぬくき重さよ         み
   カプセルにたましひ二つ入れました       七
    てのひらに置くやはらかなもの      を
   阿片吸ふ道具を愛づる迢空忌        庵
    濃霧の里の浄土曼荼羅          む
   月光をあやつり西の魔女笑ふ        犬
    リングを走る電気掃除機         り
ナウ 鎮もれる雪雪雪に立ち尽くし        み
    数式にする白鳥の声           七
   画面には大海原と空ばかり         を
    万愚節とぞ子ははしやぎたり       庵
   花守と花盗人が同じ人           む
    石鹸玉追ふ象の鼻かと          犬

起首:2017年 1月19日(木)
満尾:2017年 2月23日(木)
捌き:ゆかり

 皆様、ありがとうございました。しばしご歓談下さい。
 

灯台

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 2月23日(木)22時09分58秒
  う~、発句置くと挙句が回ってくるのよね。
む、ず、か、し、い。

ナウ 鎮もれる雪雪雪に立ち尽くし        み
    数式にする白鳥の声           七
   画面には大海原と空ばかり         を
    万愚節とぞ子ははしゃぎたり       庵
   花守と花盗人が同じ人           む

    シャボン玉追ふ象の鼻かと        犬


お捌きください。
 

灯台

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月23日(木)18時11分22秒
  名残裏っぽくないけど、面白いのでそれで行きましょう。
月犬さん、挙句をお願いします。
 

灯台。

 投稿者:なむ。  投稿日:2017年 2月23日(木)14時08分4秒
     灯台の見えて焚火の漁師かな       月犬
    春を隣に厚塗りの白         ゆかり
   青空に飛行機雲の長からん        ぐみ
    夜雨の後のさはやかな朝         七
   片袖は月の雫を縫ひ取りて        苑を
    あたり一面野菊揺らぎぬ        媚庵
ウ  物の音の澄みて矢切の渡まで       なむ
    手にはとらやの団子の包み        犬
   身の上の話の途切れ砂日傘         り
    はや夕闇に蝙蝠の舞ひ          み
   ゼラチンのさだめのやうに横たはる     七
    濡れにぞ濡れて溶けもこそすれ      を
   文豪がつくる煙草のけむりの輪       庵
    ゲラの置かれしバーの止まり木      む
   虫穴を出でて欠伸のひとつなど       犬
    海市がくるむ音といふ音         り
   花万朶手前に逆さ富士描く         み
    銭湯絵師の日本百景           七
ナオ 湯を沸かす時間ですよとあの声が      を
    白いギターを壁に立てかけ        庵
   フォークとかロックとか書く入部の日    む
    男ばかりで塞ぐ北窓           犬
   裸木の陰で見守り泪せむ          り
    羊水といふぬくき重さよ         み
   カプセルにたましひ二つ入れました       七
    てのひらに置くやはらかなもの      を
   阿片吸ふ道具を愛づる迢空忌        庵
    濃霧の里の浄土曼荼羅          む
   月光をあやつり西の魔女笑ふ        犬
    リングを走る電気掃除機         り
ナウ 鎮もれる雪雪雪に立ち尽くし        み
    数式にする白鳥の声           七
   画面には大海原と空ばかり         を
    万愚節とぞ子ははしゃぎたり       庵
   花守と花盗人が同じ人           む

エイプリルフールについつられました。お捌きのほど。。。


 

灯台

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月22日(水)12時31分29秒
  一句目がよいでしょう。なむさん、花の座をお願いします。  

灯台

 投稿者:媚庵  投稿日:2017年 2月22日(水)10時49分48秒
  ナウ 鎮もれる雪雪雪に立ち尽くし        み
    数式にする白鳥の声           七
   画面には大海原と空ばかり         を

    万愚節とぞ子ははしゃぎたり       庵
    春日傘さす実家への道

いかがでしょうか。
 

はい

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月21日(火)23時51分25秒
  そうですね。付句次第なところはあるので、よかろうとは思ったのですが…。  

まあまあ

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 2月21日(火)22時00分41秒
編集済
  モローのスフィンクスはちょい恋っぽいし、ね。
  
 

灯台

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月21日(火)20時39分34秒
   はい、ではそれで。(せっかく画像貼ったのに、ぶつぶつ)。

   灯台の見えて焚火の漁師かな       月犬
    春を隣に厚塗りの白         ゆかり
   青空に飛行機雲の長からん        ぐみ
    夜雨の後のさはやかな朝         七
   片袖は月の雫を縫ひ取りて        苑を
    あたり一面野菊揺らぎぬ        媚庵
ウ  物の音の澄みて矢切の渡まで       なむ
    手にはとらやの団子の包み        犬
   身の上の話の途切れ砂日傘         り
    はや夕闇に蝙蝠の舞ひ          み
   ゼラチンのさだめのやうに横たはる     七
    濡れにぞ濡れて溶けもこそすれ      を
   文豪がつくる煙草のけむりの輪       庵
    ゲラの置かれしバーの止まり木      む
   虫穴を出でて欠伸のひとつなど       犬
    海市がくるむ音といふ音         り
   花万朶手前に逆さ富士描く         み
    銭湯絵師の日本百景           七
ナオ 湯を沸かす時間ですよとあの声が      を
    白いギターを壁に立てかけ        庵
   フォークとかロックとか書く入部の日    む
    男ばかりで塞ぐ北窓           犬
   裸木の陰で見守り泪せむ          り
    羊水といふぬくき重さよ         み
   カプセルにたましひ二つ入れました       七
    てのひらに置くやはらかなもの      を
   阿片吸ふ道具を愛づる迢空忌        庵
    濃霧の里の浄土曼荼羅          む
   月光をあやつり西の魔女笑ふ        犬
    リングを走る電気掃除機         り
ナウ 鎮もれる雪雪雪に立ち尽くし        み
    数式にする白鳥の声           七
   画面には大海原と空ばかり         を

 ではあらためまして媚庵さん、お願いします。春か雑がいいです。媚庵さんの次のなむさんが花の座です。
 

灯台(再)

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 2月21日(火)20時28分48秒
  ナウ 鎮もれる雪雪雪に立ち尽くし        み
    数式にする白鳥の声           七
   画面には大海原と空ばかり         を

お捌き下さい。
 

はい

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月21日(火)12時06分14秒
  かしこまりました。  

すみません

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 2月21日(火)09時25分27秒
  全体を読まずに安易に付けすぎました。
前の方に下記がありますね。
媚庵さんがまだのようなので再考します。
しばしお待ちを。

花万朶手前に逆さ富士描く         み
 銭湯絵師の日本百景           七
 

灯台

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月20日(月)21時19分33秒
   苑をさん、ありがとうございます。

   灯台の見えて焚火の漁師かな       月犬
    春を隣に厚塗りの白         ゆかり
   青空に飛行機雲の長からん        ぐみ
    夜雨の後のさはやかな朝         七
   片袖は月の雫を縫ひ取りて        苑を
    あたり一面野菊揺らぎぬ        媚庵
ウ  物の音の澄みて矢切の渡まで       なむ
    手にはとらやの団子の包み        犬
   身の上の話の途切れ砂日傘         り
    はや夕闇に蝙蝠の舞ひ          み
   ゼラチンのさだめのやうに横たはる     七
    濡れにぞ濡れて溶けもこそすれ      を
   文豪がつくる煙草のけむりの輪       庵
    ゲラの置かれしバーの止まり木      む
   虫穴を出でて欠伸のひとつなど       犬
    海市がくるむ音といふ音         り
   花万朶手前に逆さ富士描く         み
    銭湯絵師の日本百景           七
ナオ 湯を沸かす時間ですよとあの声が      を
    白いギターを壁に立てかけ        庵
   フォークとかロックとか書く入部の日    む
    男ばかりで塞ぐ北窓           犬
   裸木の陰で見守り泪せむ          り
    羊水といふぬくき重さよ         み
   カプセルにたましひ二つ入れました       七
    てのひらに置くやはらかなもの      を
   阿片吸ふ道具を愛づる迢空忌        庵
    濃霧の里の浄土曼荼羅          む
   月光をあやつり西の魔女笑ふ        犬
    リングを走る電気掃除機         り
ナウ 鎮もれる雪雪雪に立ち尽くし        み
    数式にする白鳥の声           七
   ギュスターヴ・モローの描くスフィンクス  を

 媚庵さん、お願いします。

 

灯台

 投稿者:苑を  投稿日:2017年 2月20日(月)15時13分16秒
  ナウ  鎮もれる雪雪雪に立ち尽くし        み
        数式にする白鳥の声           七
    ギュスターヴ・モローの描くスフィンクス   を

お捌き下さい。
 

灯台

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月20日(月)12時42分25秒
  いいですね。では苑をさん、お願いします。  

灯台

 投稿者:  投稿日:2017年 2月20日(月)12時29分21秒
      リングを走る電気掃除機        り
ナウ  鎮もれる雪雪雪に立ち尽くし       み

数式にする白鳥の声       七

如何でしょうか。


 

灯台

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月19日(日)20時21分22秒
  ご心配をおかけしました。
七さん、お願いします。
 

灯台

 投稿者:ぐみ  投稿日:2017年 2月19日(日)19時34分39秒
      濃霧の里の浄土曼荼羅         む
   月光をあやつり西の魔女笑ふ       犬
    リングを走る電気掃除機        り

   鎮もれる雪雪雪に立ち尽くし       み

    おさばきさま、お案じ申し上げて居りました。
 

灯台

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月19日(日)16時30分33秒
   すみません、捌き人が止めていました。

   灯台の見えて焚火の漁師かな      月犬
    春を隣に厚塗りの白        ゆかり
   青空に飛行機雲の長からん       ぐみ
    夜雨の後のさはやかな朝        七
   片袖は月の雫を縫ひ取りて       苑を
    あたり一面野菊揺らぎぬ       媚庵
ウ  物の音の澄みて矢切の渡まで      なむ
    手にはとらやの団子の包み       犬
   身の上の話の途切れ砂日傘        り
    はや夕闇に蝙蝠の舞ひ         み
   ゼラチンのさだめのやうに横たはる    七
    濡れにぞ濡れて溶けもこそすれ     を
   文豪がつくる煙草のけむりの輪      庵
    ゲラの置かれしバーの止まり木     む
   虫穴を出でて欠伸のひとつなど      犬
    海市がくるむ音といふ音        り
   花万朶手前に逆さ富士描く        み
    銭湯絵師の日本百景          七
ナオ 湯を沸かす時間ですよとあの声が     を
    白いギターを壁に立てかけ       庵
   フォークとかロックとか書く入部の日   む
    男ばかりで塞ぐ北窓          犬
   裸木の陰で見守り泪せむ         り
    羊水といふぬくき重さよ        み
   カプセルにたましひ二つ入れました      七
    てのひらに置くやはらかなもの     を
   阿片吸ふ道具を愛づる迢空忌       庵
    濃霧の里の浄土曼荼羅         む
   月光をあやつり西の魔女笑ふ       犬
    リングを走る電気掃除機        り
ナウ

 媚庵さんにお願いしたいような付句になってしまいましたが、順番通りぐみさん、お願いします。名残裏なので、暴れどころを脱出し格調高くお願いします。雪などいかがでしょうか。
 

(無題)

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月16日(木)00時08分52秒
  いえ、濃い前句からうまく転じていると思います。次は私です。しばしお待ち下さい。  

灯台

 投稿者:月犬  投稿日:2017年 2月16日(木)00時00分53秒
  ナオ 湯を沸かす時間ですよとあの声が     を
    白いギターを壁に立てかけ       庵
   フォークとかロックとか書く入部の日   む
    男ばかりで塞ぐ北窓          犬
   裸木の陰で見守り泪せむ         り
    羊水といふぬくき重さよ        み
   カプセルにたましひ二つ入れました??  ??七
    てのひらに置くやはらかなもの     を
   阿片吸ふ道具を愛づる迢空忌       庵
    濃霧の里の浄土曼荼羅         む

   月光をあやつり西の魔女笑ふ       犬

晩秋ではないなあ、どうしよう。
お捌きください。
 

灯台

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 2月15日(水)12時34分59秒
  すごいですね。
月犬さん、晩秋で月の座をお願いします。
 

レンタル掲示板
/153