teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


発掘状況

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 8日(土)14時29分53秒
  銀河さん、大岡信研究会のご紹介ありがとうございます。こちら、昨年春の引越のせいで段ボールに詰めたまま混乱しておりまして、『世紀の変り目にしやがみこんで』(思潮社、2001年)と昨年出た『自選 大岡信詩集』(岩波文庫)は発掘。『世紀の…』の後書きに以下のくだりがあったことを発見しました。

 私は今、文芸雑誌の「すばる」に、隔月に詩を連載して二年になる。総タイトルを「旅みやげ」としていて、外国への旅から発想した詩ばかりだが、やがて別の表題でまとめるつもりのそれらの詩は、この『世紀の変り目にしやがみこんで』とはかなり異質な詩集になるだろう。これらの二つを並行して書いていたことになる。そちらも遠からず刊行されるはずだが、両者併せて、私の世紀末の心の風景画に仕あがってくれることをねがっている。

 それがその『旅みやげ にしひがし』なのですね。

 あと、岩波新書の『折々のうた』の最初のシリーズが総索引も含め不完全にあったはずなのですが、発見できずにいます。もどかしい…。
 
 

大岡信ことば館。大岡信研究会

 投稿者:銀河  投稿日:2017年 4月 8日(土)11時33分40秒
  最初のところは消してなおしておきました、最後の記号をうっかりさわったのかとも。。。
ネット上にはこういうところがあります。
http://kotobakan.jp/makoto/makoto_cat/makoto-poetry
http://ookamakotokenkyu.verse.jp/%E5%A4%A7%E5%B2%A1%E4%BF%A1%E3%81%AE%E8%A9%A9
http://ookamakotokenkyu.verse.jp/archives/category/%E5%A4%A7%E5%B2%A1%E4%BF%A1%E3%81%AE%E8%A9%A9
 

はい・そうです。

 投稿者:銀河  投稿日:2017年 4月 8日(土)02時11分33秒
  あとは、なぜか、句集をもっていないので、現代詩手帖の古いの。
知的すぎて、性格がつかみにくくて。でも、『旅みやげ にしひがし』は、面白そうですね。
 

大岡信研究会

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 8日(土)01時25分44秒
  銀河さんが貼ったURLにうまく飛べないんだけど、これですよね。

http://ookamakotokenkyu.verse.jp/%e5%a4%a7%e5%b2%a1%e4%bf%a1%e3%81%ae%e8%a9%a9
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 8日(土)00時41分52秒
  読み返すと、らくださんも七さんも面白い付けをしていますね。

ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ

 このあたり、じつに可笑しい。常寂光土にプロメテ付けますか、とか、阿波木偶にチャチャチャ付けますか、とか。じつに暴れどころであります。
 

覆へるとも

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 8日(土)00時30分44秒
  「旅みやげ にしひがし」という詩集の存在を知らなかったので、思わずamazonで中古本をポチしてしまいました。「折々の」はどこか別のところで使って下さい。

   覆へるとも花にうるほへ石のつら 大岡信
    ひかりをまとふ木々の囀り   ゆかり
   上海の地番に春の風抜けて     銀河

 さて、春を離れて続けて下さい。どなたか。
 

大岡信追悼歌仙

 投稿者:銀河  投稿日:2017年 4月 8日(土)00時08分41秒
編集済
  せっかくの追悼句がすんなりいかなくてごめんなさい。こちらのほうが少し混乱してきました。


覆へるとも花にうるほへ石のつら 大岡信
  ひかりをまとふ木々の囀り   ゆかり

「折々の」と「春闌けて」 過去の動き→現在の静止。同じ時間領ですが、動きと静止では質がちがう、ようにも思いますが。
「言の葉連ね」、は(て)・・が隠れているのでこれは並んだらいけないのですね? で、「春闌けて」はペケ 気にし始めると、自信がなくなってきました。

次がダメなら、「て止め」の「春」三句目はどなたかに代わってみてください。すこし、落ち着いて考えます。

 覆へるとも花にうるほへ石のつら 大岡信
  ひかりをまとふ木々の囀り   ゆかり

 上海の地番に春の風抜けて    銀河


この付け句の根拠は、
http://ookamakotokenkyu.verse.jp/%E5%A4%A7%E5%B2%A1%E4%BF%A1%E3%81%AE%E8%A9%A9

「旅みやげ にしひがし」という詩に

  中国上海市
  虹口区呉淞路義豊里
  地番は今も322里

があるそうで、これは面白いいい詩だ、と思いました。
 

ううむ

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 7日(金)20時15分48秒
  銀河さん、悩んでいます。上五「折々の」に対し下五で「春闌けて」で時間を特定するのでいいのか。また別の観点では中七「言の葉連らね」がすでに「て止め」のようなもので、下五との接続に無理があるのでは…。
もう一句いかがですか。
 

祝☆満尾☆☆

 投稿者:  投稿日:2017年 4月 7日(金)20時01分13秒
  炒飯!とっても美味しく出来ました。もうプロの味です。星三つ☆☆☆
らくださんの爽やかでユ-モアさえ感ずる発句と挙句が素敵でした。

ちらっと一度だけお目に掛かっただけですが、シンプルなシャツブラウスに黒か紺のパンツスタイルが印象的だったらくださんそのもの、って感じ。

楽しかったです。ゆかり様連衆の皆様ありがとうございました。

大岡信の追悼連句も魅力的ですが、私も案外出ずっぱりだし、他の作業が忙しくなりつつあるので、しばしお休みします。

 

あ、わすれてた。現実の桜に浮かれて。すみません。

 投稿者:銀河  投稿日:2017年 4月 7日(金)15時52分59秒
編集済
  折々の言の葉連らね春闌けて  銀河

は、いかがでせう。よろしくおねがいします。
大岡信の詩には、あまり暗いイメージは持っていないのです、記号化されたリリシズムのように、ことばとして開かれすぎているような印象。・・。

★ それから、前の歌仙も面白かったです。満尾おめでとうございます。

 

茅舎

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 7日(金)12時29分23秒
  そうそう、「ぜんまいののの字ばかりの寂光土 茅舎」ですね。まにょんさん、流石です。  

祝満尾

 投稿者:  投稿日:2017年 4月 7日(金)10時37分48秒
  ゆかり様、みな様ありがとうございました。
久しぶりに参加させて頂き、楽しみました。
伸太 さんがおっしゃってるように、挙句が発句へかえっているのですね。
「蟄虫咸俯す」にどうしようかと思ったり、苦しみました。
茅舎が隠れてるのも嬉しかったです。
 

第三

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 7日(金)02時14分32秒
  銀河さん、ご参加ありがとうございます。まさに感慨はそうなんだけど、春の句がいいです。  

祝・満尾

 投稿者:らくだ  投稿日:2017年 4月 7日(金)02時00分49秒
  ゆかりさん、お疲れ様でした。
あいさつとも言えない発句で、ご苦労おかけしました^^;

みなさま、ありがとうございました。
しょぼい発句から、さまざまに広げていただき感謝でございます。
今回は令さんの格調高い句のあと、なんとか見られる程度にはと、もう必死^^;
阿波木偶が出たときは泣きそうになりました。

それでも、久しぶの連句、楽しかったです。
ありがとうございました。

 

覆るとも の巻 第三句

 投稿者:銀河  投稿日:2017年 4月 7日(金)01時56分22秒
  覆へるとも花にうるほへ石のつら 大岡信
    ひかりをまとふ木々の囀り   ゆかり

折々のうた、連詩、と独特な詩精神のひと。。

 折々の言の葉連らね友呼びて    銀河

折々の詩。そして「連詩」という詩形を提案されましたね。
 

覆へるともの巻

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 7日(金)00時01分21秒
   4月5日に亡くなった大岡信氏を偲び、脇起こしで連句を巻きます。よろしかったらお付き合い下さい。

   覆へるとも花にうるほへ石のつら 大岡信
    ひかりをまとふ木々の囀り   ゆかり

 発句は『悲歌と祝祷』の巻頭の行分け詩。ちゃんと書くと題があって
----------------
  祷

覆へるとも
花にうるほへ

石のつら
----------------
です。その原型は丸谷才一、大岡信、安東次男による『だらだら坂の巻』名残裏「くつがへり花にうるほふ石の面(つら)」とのことだけど、今回は『悲歌と祝祷』バージョンで行きます。

どなたか第三を春、て止めでお願いします。

 並行して「炒飯の巻」の感想もよろしくお願いします。
 

伸太さん

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 6日(木)23時53分27秒
   楽しんで頂けてよかったです。ぜひまたご参加下さい。  

炒飯の巻・満尾

 投稿者:伸太  投稿日:2017年 4月 6日(木)23時38分11秒
  おめでとうございます。

今回、初参加させて頂きまして
お捌きのゆかりさん、連衆の皆様ありがとうございました。
俳句だけではおそらく分かり得なかった、色々な興味深い
体験をさせて頂きました。

歌仙は俳句あり、短歌あり、付け合いの面白さ有りですからね。
厨房に始まって、厨房に終わった落ちもありました。

投稿がこれくらいの間隔でしたら対応可能なので、機会があれば
今後も喜んで参加させて頂きたいと思ってます。
ありがとうございました。
 

炒飯の巻・満尾

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 6日(木)21時32分59秒
   おっしゃるとおり、一句目は打越に障りますね。二句目が圧倒的によいでしょう。

     七吟歌仙 炒飯の巻

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野良犬が花を見上げる昼下がり     庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太
    以下省略と手紙に書いて       ん
   長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り
ナウ 制服の紺自転車の銀光る        庵
    向日葵までの熱き語らひ       太
   珈琲はおかはり自由カフェの午後    ん
    すみずみにまでのどかな光      七
   花降れば船頭の櫂ゆつくりと      令
    厨の窓を過るてふてふ        だ

起首:2017年 3月10日(金)
満尾:2017年 4月 6日(木)
捌き:ゆかり

 連衆の皆様、ありがとうございました。しばしご歓談下さい。
初参加の伸太さん、こんな感じでやっております。お楽しみ頂けましたでしょうか。
 

炒飯

 投稿者:らくだ  投稿日:2017年 4月 6日(木)19時16分14秒
      橋をつないで立つ春の虹       だ


打越に障りますかね?(自転車のところも光っているし……やっぱまずいかな^^;
別案も置いていきます。

    厨の窓を過るてふてふ


お捌き願います。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 5日(水)22時16分48秒
   早業ですね。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野良犬が花を見上げる昼下がり     庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太
    以下省略と手紙に書いて       ん
   長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り
ナウ 制服の紺自転車の銀光る        庵
    向日葵までの熱き語らひ       太
   珈琲はおかはり自由カフェの午後    ん
    すみずみにまでのどかな光      七
   花降れば船頭の櫂ゆつくりと      令

 ではらくださん、挙句をお願いします。
(やっぱり花の座の前が挙句みたいな句になってしまった気がしないでもないのですが、まあ、そこはそこ…)
 

炒飯

 投稿者:  投稿日:2017年 4月 5日(水)22時05分35秒
     花降れば船頭の櫂ゆつくりと      令

お捌き下さい。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 5日(水)21時59分34秒
   安易ですね(^^); 打越が「熱き」で「あたたかき」はどうかと思うので、二句目とブレンドします。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野良犬が花を見上げる昼下がり     庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太
    以下省略と手紙に書いて       ん
   長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り
ナウ 制服の紺自転車の銀光る        庵
    向日葵までの熱き語らひ       太
   珈琲はおかはり自由カフェの午後    ん
    すみずみにまでのどかな光      七

 令さん、花の座をお願いします。
 

炒飯

 投稿者:  投稿日:2017年 4月 5日(水)18時33分8秒
  すみずみにまであたたかき風     七
地の果てまでものどけし光

安易ですが・・・よろしくお願いします。
 

ラーメンなう。

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 5日(水)12時36分23秒
  形容詞なので連体形は活用語尾は「しき」ですね。微調整願います。  

炒飯ナウ・再

 投稿者:  投稿日:2017年 4月 5日(水)11時07分54秒
編集済
    向日葵までの熱き語らひ       太
   珈琲はおかはり自由カフェの午後     ん

すみずみにまであたたけし風     七
地の果てまでものどけし光

あ、ポチっとしてしまった!すみません、よろしくお願いします。
 

ううむ

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 4日(火)23時39分14秒
  打越が「語らひ」なので「囀り」でない方がいいと思います。音声情報ではないところへ転位しませんか。  

炒飯

 投稿者:  投稿日:2017年 4月 4日(火)23時20分4秒
       向日葵までの熱き語らひ       太
   珈琲はおかはり自由カフェの午後     ん

     大皿に盛る囀りの歌       七

如何でしょうか。よろしくお願いします。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 4日(火)12時14分38秒
  はい。では七さん、挙句みたいではない春の句をお願いします。  

炒飯

 投稿者:まにょん  投稿日:2017年 4月 4日(火)11時32分27秒
  すみません、バタバタ仕事で出かけてばかりです。


   珈琲はおかはり自由カフェの午後    ん

ちょっとイージーな修正でしょうか。
お捌きお願いします。
 

ううむ

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 3日(月)12時59分27秒
  中八をなんとかして下さい。

 

炒飯

 投稿者:まにょん  投稿日:2017年 4月 3日(月)09時14分41秒
     長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り
ナウ 制服の紺自転車の銀光る        庵
    向日葵までの熱き語らひ       太

   珈琲はおかはり自由のカフェの午後   ん

お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 3日(月)00時23分10秒
   伸太さん、一句目を頂きます。それから誤記のご指摘ありがとうございます。媚庵さん、大変失礼しました。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野良犬が花を見上げる昼下がり     庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太
    以下省略と手紙に書いて       ん
   長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り
ナウ 制服の紺自転車の銀光る        庵
    向日葵までの熱き語らひ       太

 まにょんさん、雑でお願いします。
 

炒飯

 投稿者:伸太  投稿日:2017年 4月 2日(日)22時53分59秒
     よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り
ナウ 制服の紺自転車の銀光る        庵

    向日葵までの熱き語らひ       太
    次第に迫る彼の雲の峯

お捌き願います。

少しお節介ですが、ゆかりさん、
3月22日(水)10時17分50秒投稿の媚庵さんの長句は

  野良犬が花を見上げる昼下がり

となってます。原句は、野犬ではなく野良犬となってますので、掲載
間違いではありませんか?
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 2日(日)15時04分2秒
   一句目がだんぜんいいでしょう。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太
    以下省略と手紙に書いて       ん
   長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り
ナウ 制服の紺自転車の銀光る        庵

 伸太さん、雑か夏か冬でお願いします。
 

炒飯

 投稿者:媚庵  投稿日:2017年 4月 2日(日)14時53分12秒
     長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り

ナウ 制服の紺自転車の銀光る        庵
   何処よりとどくメールか「祈ります」

いかがでしょうか。お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 2日(日)00時20分49秒
  ここまでまとめておきます。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太
    以下省略と手紙に書いて       ん
   長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り
ナウ

 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 1日(土)17時37分23秒
  では

畏れ知らずの少年少女

で。媚庵さん、名残裏なのでしらふに戻った感じでお願いします。
 

ひゃあ

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 1日(土)00時44分11秒
  ばっぱいということばがあるのですね。ばっぱい三割九分。

 次は私です。しばしお待ち下さい。
 

炒飯

 投稿者:らくだ  投稿日:2017年 3月31日(金)18時37分10秒
     長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ

お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月31日(金)09時45分8秒
  うひゃあ、ういろううりというものがあるのですね。
らくださん、月の座をお願いします。
 

炒飯

 投稿者:  投稿日:2017年 3月31日(金)08時49分53秒
      外郎売の提げる瓢箪         令

お捌き下さい。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月30日(木)23時31分27秒
   二句目をちょいと秋の季語にしてみて頂きます。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太
    以下省略と手紙に書いて       ん
   長き夜のながき言葉のアナグラム    七

 令さん、お願いします。夜にしてしまったので、月を繰り上げてもいいです。
 

炒飯

 投稿者:  投稿日:2017年 3月30日(木)11時43分30秒
編集済
  村興しさては文金高島田        太
        以下省略と手紙に書いて       ん

死語列べ尻取りゲ-ム秋の昼      七
いと長き長き言葉のアナグラム

ボ-っとしてました。ちょいベタかな・・・お捌きよろしゅうに。
 

すみません

 投稿者:まにょん  投稿日:2017年 3月29日(水)16時08分31秒
  荒技というより、逃げの一手。
七さん、いつもご迷惑おかけして申し訳ありません。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月29日(水)12時09分6秒
  荒技というか、なんと申しましょうか…。
七さん、お願いします。秋か雑で。
 

炒飯

 投稿者:まにょん  投稿日:2017年 3月29日(水)09時46分44秒
      プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太

    以下省略と手紙に書いて       ん

どうでせうか。お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月29日(水)00時59分51秒
   文金高島田→髷ではない付け筋の方がよいでしょう。もう一句お願いします。  

炒飯

 投稿者:まにょん  投稿日:2017年 3月29日(水)00時29分41秒
      プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太

    髷を摑んで投げる横綱        ん


う~~、苦しい、、、、お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月28日(火)23時37分35秒
   伸太さん、ありがとうございます。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太

 まにょんさん、お願いします。
 

レンタル掲示板
/153