teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 3日(月)00時23分10秒
   伸太さん、一句目を頂きます。それから誤記のご指摘ありがとうございます。媚庵さん、大変失礼しました。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野良犬が花を見上げる昼下がり     庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太
    以下省略と手紙に書いて       ん
   長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り
ナウ 制服の紺自転車の銀光る        庵
    向日葵までの熱き語らひ       太

 まにょんさん、雑でお願いします。
 
 

炒飯

 投稿者:伸太  投稿日:2017年 4月 2日(日)22時53分59秒
     よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り
ナウ 制服の紺自転車の銀光る        庵

    向日葵までの熱き語らひ       太
    次第に迫る彼の雲の峯

お捌き願います。

少しお節介ですが、ゆかりさん、
3月22日(水)10時17分50秒投稿の媚庵さんの長句は

  野良犬が花を見上げる昼下がり

となってます。原句は、野犬ではなく野良犬となってますので、掲載
間違いではありませんか?
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 2日(日)15時04分2秒
   一句目がだんぜんいいでしょう。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太
    以下省略と手紙に書いて       ん
   長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り
ナウ 制服の紺自転車の銀光る        庵

 伸太さん、雑か夏か冬でお願いします。
 

炒飯

 投稿者:媚庵  投稿日:2017年 4月 2日(日)14時53分12秒
     長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り

ナウ 制服の紺自転車の銀光る        庵
   何処よりとどくメールか「祈ります」

いかがでしょうか。お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 2日(日)00時20分49秒
  ここまでまとめておきます。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太
    以下省略と手紙に書いて       ん
   長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ
    畏れ知らずの少年少女        り
ナウ

 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 1日(土)17時37分23秒
  では

畏れ知らずの少年少女

で。媚庵さん、名残裏なのでしらふに戻った感じでお願いします。
 

ひゃあ

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 4月 1日(土)00時44分11秒
  ばっぱいということばがあるのですね。ばっぱい三割九分。

 次は私です。しばしお待ち下さい。
 

炒飯

 投稿者:らくだ  投稿日:2017年 3月31日(金)18時37分10秒
     長き夜のながき言葉のアナグラム    七
    外郎売の提げる瓢箪         令
   よろこんで罰杯受くる月の宴      だ

お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月31日(金)09時45分8秒
  うひゃあ、ういろううりというものがあるのですね。
らくださん、月の座をお願いします。
 

炒飯

 投稿者:  投稿日:2017年 3月31日(金)08時49分53秒
      外郎売の提げる瓢箪         令

お捌き下さい。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月30日(木)23時31分27秒
   二句目をちょいと秋の季語にしてみて頂きます。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太
    以下省略と手紙に書いて       ん
   長き夜のながき言葉のアナグラム    七

 令さん、お願いします。夜にしてしまったので、月を繰り上げてもいいです。
 

炒飯

 投稿者:  投稿日:2017年 3月30日(木)11時43分30秒
編集済
  村興しさては文金高島田        太
        以下省略と手紙に書いて       ん

死語列べ尻取りゲ-ム秋の昼      七
いと長き長き言葉のアナグラム

ボ-っとしてました。ちょいベタかな・・・お捌きよろしゅうに。
 

すみません

 投稿者:まにょん  投稿日:2017年 3月29日(水)16時08分31秒
  荒技というより、逃げの一手。
七さん、いつもご迷惑おかけして申し訳ありません。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月29日(水)12時09分6秒
  荒技というか、なんと申しましょうか…。
七さん、お願いします。秋か雑で。
 

炒飯

 投稿者:まにょん  投稿日:2017年 3月29日(水)09時46分44秒
      プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太

    以下省略と手紙に書いて       ん

どうでせうか。お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月29日(水)00時59分51秒
   文金高島田→髷ではない付け筋の方がよいでしょう。もう一句お願いします。  

炒飯

 投稿者:まにょん  投稿日:2017年 3月29日(水)00時29分41秒
      プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太

    髷を摑んで投げる横綱        ん


う~~、苦しい、、、、お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月28日(火)23時37分35秒
   伸太さん、ありがとうございます。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
   村興しさては文金高島田        太

 まにょんさん、お願いします。
 

炒飯

 投稿者:伸太  投稿日:2017年 3月28日(火)20時10分19秒
        阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
     やや早すぎるチャチャチャのリズム   だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵

      村興しさては文金高島田              太

間延びしましたが、これにて、お捌き願います。

歌仙教室の縛り(句を詠むに当たっての決まりごと)を
現在、習得中の身です。
 

どうも

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月27日(月)22時44分38秒
  あ、いえいえ、お楽にどうぞ。
と、礼儀正しく駄目出しをするのですが(^^);
初折裏にキングコングがあるので、ゴジラは出さない方がいいでしょう。
あと、同じことは繰り返さず変転し続けるのが連句の精神です。「苔のむすまで」よりは「ライカローリングストーン」。なので、前句が山脈だったら、「水脈」とか「山笑ふ」とか直接同じもの(この場合は同じ「字」)を出さない方がよいです。
で「さては南京玉簾」ですよね。すごく可笑しいので二句目の「山笑ふ」だけ別のものにして下さい。春にするとめんどくさいことになるので(委細省略)、夏か雑がいいです。
よろしくお願いします。
 

炒飯

 投稿者:伸太  投稿日:2017年 3月27日(月)20時25分47秒
     阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム   だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵

   沖合にゴジラの引きし水脈(みお)見えて 太
   山笑ふさては文金高島田

お捌き願います。

これでも、ラッセル車ゆかり号の進行を
妨げない様に鋭意、奮起してますのでご了承願います。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月27日(月)00時48分53秒
  一句目を頂きます。慈母を眠らせ、慈母の屋根に雪ふりつむ。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り
    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵

 伸太さん、冬を離れてお願いします。

 

炒飯

 投稿者:媚庵  投稿日:2017年 3月26日(日)22時26分10秒
  ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り

    慈母のごとくに眠る山脈(やまなみ)  庵
    二回分割ボーナス払ひ

 いかがでしょうか。お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月26日(日)20時09分47秒
編集済
     炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ
   雪の夜の姿勢矯正器2型よ       り

 媚庵さん、お願いします。
 

炒飯

 投稿者:らくだ  投稿日:2017年 3月26日(日)18時38分54秒
      プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令
    やや早すぎるチャチャチャのリズム  だ

お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月26日(日)17時12分52秒
   遅くなりました。令さん、ありがとうございます。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七
   阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令

 らくださん、お願いします。
 

炒飯

 投稿者:  投稿日:2017年 3月25日(土)23時27分49秒
編集済
     阿波木偶の眼のにらむ蔵のなか     令

お捌き下さい。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月25日(土)13時36分22秒
   一句目を頂きます。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ 晩春の常寂光土は無人にて       ん
    プロメテを呼びまづ火を点す     七

 令さん、お願いします。

 

炒飯・再

 投稿者:  投稿日:2017年 3月25日(土)13時03分51秒
      ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ   晩春の常寂光土は無人にて

プロメテを呼びまづ火を点す     七
あしあとだけがついてくるやう

どんどんむずかしくなる!三島塾、もうちょっとだけよ~でこんらん(@_@)・・・
 

ううむ

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月24日(金)22時53分59秒
  もうちょっとだけ、前句から離れませんか。
(私がそういうのはたいへん珍しいことですが…)
 

炒飯

 投稿者:  投稿日:2017年 3月24日(金)21時11分6秒
      ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ   晩春の常寂光土は無人にて

天上界を創る孵卵器      七
水晶玉になにも映らぬ

うむむむむむぅ~さらにムズカシ、デス、まにょんさま(-_-;)・・ぁ



 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月23日(木)12時35分3秒
  まにょんさん、ありがとうございます。
七さん、春を離れて雑でお願いします。
 

炒飯

 投稿者:まにょん  投稿日:2017年 3月23日(木)10時57分36秒
  う~むむむむ、難しいなああああ。

   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太


   晩春の常寂光土は無人にて       ん


お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月22日(水)23時43分55秒
編集済
   ぎゃ、また編集が…。では「ぶらんこ」で頂きます。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野犬が花を見上げる昼下がり      庵
    ぶらんこ触れて尾ののの字なる    太
ナオ

 まにょんさん、春を続けて下さい。名残表なので、お酒が回った感じでお願いします。

 

炒飯

 投稿者:伸太  投稿日:2017年 3月22日(水)23時29分9秒
編集済
      引越のどこかで失せし日記帳      だ
   旧悪を知る友の集ひて        り
  野良犬が花を見上げる昼下がり     庵

      ぶらんこ触れて尾ののの字なる  太

ゆかりさん、厳しいですね。
ありがとうございます。これくらいだと、やりがいがあります。
これで、どうでしょうか?
 

ううむ

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月22日(水)23時14分31秒
   どちらも面白いのですが、「春水」とか「春灯」とかが無理に納めた感があるので、もう少しおおらかな季語がないものでしょうか。どちらかというと一句目の方がよいです。「卯波」はビミョーに打越に障ります。  

炒飯

 投稿者:伸太  投稿日:2017年 3月22日(水)22時35分51秒
     引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り
   野良犬が花を見上げる昼下がり     庵

    春水帯びて尾ののの字なる         太
    銀座「卯波」の絶えし春灯

お捌き願います。
このフレーズが病み付きに成りつつあります。(^^)v
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月22日(水)12時43分14秒
  媚庵さん、ありがとうございます。一句めを頂きます。伸太さん、春の句を続けて下さい。  

炒飯

 投稿者:媚庵  投稿日:2017年 3月22日(水)10時17分50秒
     北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り

   野良犬が花を見上げる昼下がり     庵
   ふるさとの水のおもてに花が散る

いかがでしょうか。お捌きください。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月22日(水)08時58分21秒
   らくださん、ありがとうございます。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引越のどこかで失せし日記帳      だ
    旧悪を知る友の集ひて        り

 媚庵さん、花の座をお願いします。
 

炒飯

 投稿者:らくだ  投稿日:2017年 3月22日(水)01時48分42秒
     北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令
   引っ越しのどこかで失せし日記帳    だ

お捌きください。
 

ありゃ

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月20日(月)13時49分2秒
   駄目出ししようと思ったら編集済になっていました(^^);
「雨蛙」だと打越と同じく生き物なのでなんとかなりませんかと思っていたのですが、いい具合に直っているので、そのまま頂きます。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七
    青田道ゆく大八車          令

 らくださん、花の座が近いので雑でお願いします。

 

炒飯

 投稿者:  投稿日:2017年 3月20日(月)09時22分47秒
編集済
      青田道ゆく大八車                            令

お捌き下さい。
 

そうか

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月19日(日)12時29分45秒
   確かに「陸の孤島」という言い回しはありますね。では上五字余りにして通します。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん
   北緯35度最東端と標識に        七

 令さん、お願いします。夏か冬の月でもいいです。
 

あ・・・

 投稿者:  投稿日:2017年 3月19日(日)08時34分4秒
  近隣の陸の孤島のつもりでしたが・・・すみません。しばしお待ちを。  

うむむ

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月18日(土)23時27分45秒
   七さん、ありがとうございます。
ええとですね、恋から戻ってきたところなので君の名を叫びたくないし、北緯35度最東端は孤島じゃないし、字余りだし、もう一句行きましょう。
 

炒飯

 投稿者:  投稿日:2017年 3月18日(土)20時47分24秒
  蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん

世の果てで叫んでみたり君の名を     七
標識は北緯35度最東端

ム、ムズカシ・・こまってしまってニャ~~!よろしくお願いします。

 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月18日(土)00時40分34秒
編集済
  まにょんさん、ありがとうございます。七さんに困ってもらうことにしましょう。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太
    キングコングの棲むあの孤島     ん

 七さん、よろしくお願いします:-p

 ちなみに二巡目からは俳号は一番最後の字を書くのが江戸時代からのならわしです。
 

炒飯

 投稿者:まにょん  投稿日:2017年 3月18日(土)00時37分25秒
  では、雑で(いいのかなあ)。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      伸

    キングコングの棲むあの孤島     ん

お捌きください。ダメだしかなあ。
 

炒飯

 投稿者:ゆかり  投稿日:2017年 3月17日(金)23時49分30秒
編集済
  伸太さん、ありがとうございます。一句目の離れ具合がよいでしょう。

   炒飯の仕上げに煽るレタスかな   らくだ
    ガスを止めればあとは囀り    ゆかり
   しやぼん玉垣根の外へ流れ出て    媚庵
    歩む舞妓の美しき鬢髪       伸太
   三味の音の絶えて更待月昇る   まにょん
    闇深々と蟄虫咸俯す         七
ウ  青銅の鼎に入れてくわりんの実     令
    素描の前に削るえんぴつ       だ
   尖塔の屋根裏にある女中部屋      り
    汗にまみれた下着散らばる      庵
   蒼穹の白き機体を消ゆるまで      太

 まにょんさん、お願いします。無注文ですが、駄目出しはします(^^);
 

レンタル掲示板
/155